任意売却でよくあるご質問

任意売却でよくあるご質問

任意売却でよくあるご質問についてご回答いたします。

 

任意売却も通常の不動産売買と変わらないため、「売買価格× 3%6万円+消費税」が仲介手数料としてかかります。 

しかし、この手数料は銀行等の金融機関(債権者)より支払われるため、費用を用意する必要はありません。

 

<諸費用・経費>

司法書士に払う登記費用も債権者(購入者)が負担します。

滞納してしまったマンションの管理費等については、売却代金から清算されます。 

 

<引越し費用など>

基本的に、次の住居や引越し費用は自分で準備することになりますが、債権者によっては、引越し費用など債務者に一時金の支払いをしてくれる場合があります。

いつ裁判所から連絡が来るのか

いつ銀行から期限の利益の喪失の通知が来るのか

いつ競売開始決定通知が届くのか

いつ期間入札の通知が届くのか

 

本来であればローンを滞納せずにしっかりと払っていきたいものですが、期間入札が始まる前に少しでも高値で売れる可能性のある任意売却を選択するのは良い考えだと思います。

 

任意売却により、得た金額よりもローンの金額の方が大きければ、その差額が「残債」として残ってしまい、それを返済していかなくてはなりません。

 

それでは売却しても残債が多く残る場合についてご説明いたします。 

 

任意売却後も多く残る残債につきましては、サービサーにお金が無い旨を伝え、残債を少しでも減らしてもらうお願いをする方法があります。 

売却した後の残債は、銀行からしてみると無担保の不良債権となるため、二束三文でサービサー(債権回収専門業者)に債権を譲渡することが多いです。 

そこで債務者は、そのサービサーに直接お金が無い旨を伝え、残債を少しでも減らしてもらう交渉をすることにより、再出発のハードルを大幅に軽減することが期待できます。 

 

※但し、公的金融機関では債権譲渡や債権免除の考え方はありません。

その為、何十年かけてでも返済するよう迫られますが、交渉により無理なく払える金額(例:月額1万円)の返済にまで交渉する事もできます。

 

その後、それでも難しい場合には状況により自己破産する選択肢もあります。

 



  |  

▲TOPへ戻る