不動産リースバック

不動産リースバック

不動産リースバックは、第三者(身内でも可)などに不動産を売却して、
売却資金を債権者への返済に充てて、ご自宅を賃貸として借りますので
「今住んでいるご自宅」に住み続ける事ができます。
また事前に取決めしておく事により、将来的に「買い戻し」もする事ができます。

競売では、所有者の意思が考慮されない不動産売却となります。
特に競売の場合はご自宅が落札されると、所有権が落札者に移転された時から、顔を見た事のない落札者からの立ち退き交渉や引渡しを求められて精神的な不安が残ります。
また所有者の意思に関係なく、最終的に裁判所執行官が同席のもと、専門業者が荷物を強制的にご自宅から運び出されます。

今の住んでいる家に住み続けたい方

長く住み続けた思い入れのある「ご自宅を手放したくない!」「時間の猶予がもう少しあれば何とかなる」「ご自宅を将来的には買い戻したい」など様々なご事情があると思います。
そこでご提案するのが、リースバック不動産です。
リースバック不動産とは、今お住まいの家を親族または第三者に一度ご売却して賃貸として借りる方法がリースバックです。あくまでもご売却となりますので、所有権は一度引受先に移転する事になりますが、ご自宅を将来的に買い戻したい場合には「買い戻しの特約」によりご自宅を再取得する事ができます。不動産を一定期間賃貸として住んで、資金的に余裕ができた又は住宅ローンが組めるようになった際には「買い戻し」をする事ができます。

リースバックの引受先をご紹介いたします。

  • 身内又は友人〇
  • 投資家など◎
  • 当社にて直接◎

買い戻しを検討する場合は、お互いの信頼関係がしっかりできていることが前提ですが、不動産の知識や経験が豊富でプロフェッショナルな専門家のアドバイスが入る事により後々のトラブルなども避ける事ができます。

身内又は友人の場合

本来でしたら、身内又は友人間でリースバックをしていただける協力者がいれば良いのですが、この様なことは頼みにくい事があげられます。数年後においてもトラブルなどにならないよう取決めが必要となりますので、当社ではその架け橋として契約書の作成やリースバックのご説明などお力になります。

投資家の場合

あくまでも投資家ですので、不動産の知識よりかは投資として割切っていただけます。
この様なケースでも投資家は投資対象としておりますが、不動産の知識に関しては、当社が責任を持ってご相談者様と投資家様の間に立ちルールの取決めなど行います。

当社にて直接の場合

不動産の知識や経験豊富な当社にお任せ下さい。
スムーズな対応を心掛けておりますのでご安心いただけます。

リースバック不動産により、近所や周辺の方に知られる事もなく今の家に住み続ける事ができます。
数年後には、不動産を買い戻したいなどにも対応できますのでご相談下さい。

お問い合わせはこちら


お問い合わせ

▲TOPへ戻る